復活せよ!給湯器!|交換のタイミングを見極める

給湯器

季節によって変わる

給湯器の寿命について

給湯器

給湯器の故障は、夏場よりも冬場のほうが多くなります。冬になると夏よりも使う頻度が多くなり、年数が経っている給湯器は使用に耐えられなくなって壊れてしまうのです。給湯器の寿命は、大体10年くらいが目安となります。大事に使っていれば10年という寿命よりも長くなる可能性はありますが、家族構成や使う頻度によっては短くなる場合もあります。お湯がいきなり出なくなった、出ても熱くならないという時にはすぐに業者にきてもらい故障の原因を調べてもらうことです。部品交換ですぐ使えるようになる場合もありますが、購入してから10年くらいであれば思い切って新しい給湯器にするのも考えたほうがいいかもしれません。修理して使うという方法もありますが、10年くらいだから修理をしてもまたすぐ壊れるということも考えられるのです。一度修理して、二度目に壊れた場合は、やはり寿命と考えたほうがいいでしょう。

買い替えの時期と次の商品選びについて

給湯器に異常がみられるといってもその症状は様々です。コントローラー部の異常の場合は部品交換で直せる場合があります。また、ガスの詰まりなど点検してもらうことも大切です。前回、給湯器を入れてから大体何年目でしょうか。10年近いのであれば寿命と考えて、次の新しい給湯器にすることも一案です。なぜなら、10年前のものに比べて新しい給湯器のほうが省エネ商品となりガスの節約になるからです。メーカーにしても10年前の製品の部品がない場合があり交換できなこともあるのです。いきなり壊れてしまい新しくするとなると急な出費だった思ってしまうかもしれません。それよりも、そろそろ10年経つので壊れてしまうかもしれないと、次の製品の性能などについて調べておいてもよいでしょう。