復活せよ!給湯器!|交換のタイミングを見極める

給湯器

交換に掛かる費用

給湯器の寿命を延ばすコツ

給湯器

給湯器交換は費用がかかりますので、すこしでも給湯器の寿命を延ばしたいです。一般的には井戸水や温泉水は給湯器の寿命を短くしやすいです。水道水より不純物があり、配管に不純物が付着して詰まらせたりして、故障の原因になり寿命を短くします。あと注意したいのが入浴剤です。入浴剤の種類によっては風呂釜をいためます。お風呂のお湯の色が濃くなるのはさけたほうがいいです。チタンが含まれているのは故障の原因になります。また炭酸ガス等が含まれているものは避けたほうが良いでしょう。透明に近い入浴剤はおすすめです。注意書きをよく読んでどのような成分なのか、注意したほうが良いと思います。注意しても給湯器の寿命はありますので、普段からお掃除をまめにするのが良いでしょう。

一般的な交換時期は考える

一般的な給湯器の交換時期、寿命は10年くらいといわれています。交換部品等は7〜8年くらいで製造しなくなります。修理を依頼しても、ほどんとの給湯器業者は新品との交換をすすめます。もちろん部品を交換して直るなら良いでしょうが、新品との交換をすすめられるのが多いです。給湯器交換には2〜3日がかかりますので、壊れてから交換をするとなると自宅のお風呂に入れなくなります。給湯器の寿命は、温度調整に時間がかかるようになれば、交換と考えたほうが良いでしょう。メンテナンスや交換時期を決めるのはむずかしいですが、突然、給湯器が壊れたことを考えて早めに決断しましょう。一般的には給湯機の値段は20万前後といわれています。給湯器が10年経過したら交換を考えたほうがよいでしょう。