復活せよ!給湯器!|交換のタイミングを見極める

給湯器

部品の寿命

給湯器も使えなくなる時が来る

給湯器

給湯器は一度取り付けたら長い間使うものですが、使っているうちに部品などに劣化が起こることもあり、寿命をむかえます。製品によって寿命は異なっていますが、一般に給湯器の寿命は10年から15年だと言われています。給湯器は毎日使用するもので、消耗が激しい製品の一つです。10年から15年にならないうちに、寿命になってしまう商品もあります。給湯器の中で特に消耗が激しいのは、プリント基板や熱交換器だと言われていますが、これらの部品は取り替えたり、修理することができます。それが出来なくなった時は、給湯器の寿命だと言えるかもしれません。部品だけが故障した場合でも、その部品の製造が終わっていたら、買い替えなければならないこともあります。

壊れそうになった時の症状

給湯器が完全に壊れる前には、特有の症状が出ることがあるので、それを頭の中に入れておけば、早めに故障した部分の交換などができます。ガス給湯器の本体から水が漏れることがありますが、これは給湯器が寿命をむかえる前兆の一つです。シャワーを使っていて、自分では何もしていないのに、お湯の温度が急に変わる時があります。これも壊れる前に起こりやすい症状で、一般の人でも分かりやすいものです。ポンプからおかしな音がが聞こえる場合もあり、特に追い焚きの音やファンの音が変なものになります。こういった症状が出たら、早めに業者を読んで修理をしてもらいましょう。早いうちだったら、修理だけですむ可能性もあります。寿命になっていたら、その業者だけではなく、他の業者にも問い合わせて、自分の納得のいく値段の新品を購入しましょう。